仮性包茎研究所包茎と手術について⇒包茎手術の傷跡について

包茎手術の傷跡について



包茎手術には亀頭直下埋没法をはじめ様々な方法が存在しますが、手術後に気になるものとして、「傷跡」があります。せっかく包茎手術を行っても傷跡が目立ってしまうと、それがコンプレックスになり、新たな悩みになってしまうことがありますので、術前には慎重に考えたいものです。

包茎手術には傷跡がつきものだという人もいるかもしれませんが、やはり包茎手術をするからには綺麗にしてもらいたいものです。現在は、包茎手術にも様々な方法があり、例えば、亀頭直下埋没法のように従来の包皮の先端部分をカットするのではなく、根元部分の包皮をカットするような手術の方法があります。あまりそうした包茎手術を行っているクリニックは多くありませんが、傷跡が根元にいきますので目立ちにくいと言われています。もし、あなたが包茎手術を受ける前でした検討してみる価値はあるかもしれません。

また、術後の傷跡が気になる人も少なくないかもしれません・・・。術後の傷跡については、そうした傷跡の修正を行っているクリニックがありますので、検討してみるのも一つの手です。

いずれにしろ、包茎手術に関する技術的な部分に関しては、様々な方法がある一方、「開き」があるのも事実ですので、術前、術後で慎重に考えるべきだと思います。