仮性包茎研究所包茎と手術について⇒小児・子供と包茎手術

小児・子供と包茎手術



小児・子供が包茎手術を必要とするケースには、排尿障害があります。排尿障害とは尿が出にくいなど、排尿時に何らかの障害がある病気のことで、小児や子供の場合はその原因のほとんどが先天的なものと考えられています。

ただし、排尿障害である場合は包茎手術が必要であると考えられますが、その他の理由では包茎手術の必要性はほとんどないと考えられていますので、慎重に判断する必要があります。

日本には小児・子供用の泌尿器科の数は多くないですが、近くに小児・子供用の泌尿器科があれば、できればそういった医療機関での検診をオススメします。もしない場合は一つの医療機関だけでなく複数の医療機関から意見を聞くようにしましょう。

大人と小児・子供では、包茎手術が必要となる基準も異なりますし、小児・子供は成長過程において包茎でなくなる可能性も十分ありますので、結論は決して急がない方がいいでしょう。

成人男性の6~7割が仮性包茎であり、また日常生活、性生活におていも特に問題なく暮らしていることを考えれば、排尿障害などがある場合を除けば、小児・子供でも包茎手術が必要な例はほとんどないと言えますので、慎重に判断しましょう。