仮性包茎研究所包茎と手術について⇒包茎手術後の腫れについて

包茎手術後の腫れについて



包茎手術を行った後、気になるものに「腫れ」があります。包茎手術に限らず、手術を行った後、患部に「腫れ」が現れることは決して珍しいことではありませんが、手術後、長い期間「腫れ」がひかない場合は担当の医師などと相談する必要があります。

仮に長い期間でなくとも、包茎手術は男性の生殖機能に手術を行うわけですから、気になることがある場合は早めに医師に相談しても、もちろん構いません。包茎手術が生殖機能に甚大な影響を及ぼすことは可能性としてほとんどないと思われますが、「腫れ」がひかず、本人にとって悩みとなるようであれば、決していい影響はありません。

また、あなたが包茎手術を行ったクリニックにあまり信用がおけない場合は、包茎手術の修正治療を行っているクリニックを訪れてみるのも一つの方法です。

そうしたクリニックの医師は、包茎手術に関する修正治療という非常に難しい分野の専門家ですから、あなたが抱えている悩みなどに満足のいく対処をしてくれる可能性が高いでしょう。

包茎手術後の「腫れ」は必ずしも現れるわけではありませんが、もし気になるようでしたら躊躇せず、担当の医師や包茎手術の修正治療を行っているクリニックを訪れてみることをオススメします。