包茎の種類



包茎には仮性包茎と真性包茎の2種類があります。

※国や地域によっては、仮性包茎は包茎と考えない 国もあります。

【仮性包茎】

仮性包茎とは、勃起していない自然な状態で、陰茎の亀頭部分 の全部または一部が皮で覆われているものを指しています。

仮性包茎だと判断される場合には、以下の条件に該当します。

・普段は皮で覆われているものの、勃起時には亀頭が露出する。

・勃起している、していないに関わらず、痛みを伴わず、手で 亀頭を露出することができる。

【真性包茎】

ほとんどの場合、治療も手術も必要ない仮性包茎に比べて 治療や手術などの対処を必要とするのが真性包茎です。

真性包茎とは、亀頭を完全に露出できない状態のことを指す 包茎のことで、亀頭を露出しようとすると、激しい痛みを生 じたりします。

※参考までに、カントン包茎は包茎というよりも症状です。

【嵌頓(カントン)包茎】

これは包茎の種類ではなく、状態を指しています。具体的には、 包皮輪(皮の先端部分のこと)が極端に狭い人が、何かのきっか けで、亀頭が露出した際に、元に戻らなくなってしまい、ひどい 痛みを伴った症状のことを指します。