仮性包茎研究所包茎に関するメモ⇒仮性包茎と中学生・高校生

仮性包茎と中学生・高校生



日本では、海外のように宗教的な理由により 幼児のときに包茎手術を行うような習慣はあ まりありません。

ですから、小学生の高学年ぐらいまでは、ほとんど の男の子が包茎であることは決して珍しいことでは ありません。

しかし、中学生や高校生になると体も成長して 中には亀頭が露出してくる子供も少しずつ出て きます。

そして、中には自分の亀頭が露出していないこと を気にする子供や、あるいは、自分の子供の亀頭 が露出していないことを気にかける親もいるかも しれません。

しかし、そうした心配はほとんどいりません。

仮性包茎であれば、日常生活にも性交渉の際にも 問題はありませんし、また中学生や高校生であ れば、成長過程にあるわけですから、今後、仮性 包茎でなくなる可能性も十分にあります。

また、中学生や高校生であれば、日常的に亀頭を 露出する習慣をつければ、仮性包茎を自分で直す こともできる可能性もあります。

※ちなみに、日本人男性の60%以上が仮性包茎 または真性包茎であると言われています。ですか ら仮に仮性包茎であったとしても、ほとんどの場 合で問題はありません。

ただし、包皮輪(皮の先端部分のこと)が「狭い」 包皮輪狭窄の強い仮性包茎や真性包茎などの場合 は注意が必要です。折をみて、信頼できる泌尿器 科を訪れてみることをオススメします。