仮性包茎研究所包茎に関するメモ⇒小児・子供と包茎

小児・子供と包茎



包茎には仮性包茎と真性包茎の2種類があります。

小児についての包茎は、例えば排尿時に障害があ るようなケースなどを除けば、ほとんどの場合、 問題となるケースはないでしょう。

高校生ぐらいまでは仮性包茎で、その後、日常的 に亀頭が露出するような状態になる人もいますし、 また、最近では包茎矯正のグッズなども様々な ものが販売されており、安い値段で包茎を直すこ とができるようになってきています。

また、日本人男性の5~6割が仮性包茎であるとも 言われていますので、仮性包茎であることは問題 はないと言えます。

また、真性包茎についてですが、小児の段階でそ れを判断するのは、医師に診てもらう必要があり ます。

真性包茎に関しては、手術あるいは何からの対応 が将来に必要になってくる可能性が高いので、医 師との相談をオススメします。

ただ、いずれにしろ小児の段階で包茎に対して ナーバスになりすぎるのは、様々な意味で時期尚早 といった感じもあるでしょう。