包茎フェチ?



日本ではあまり好意的に思われていない包茎ですが、海外の 国の中には包茎に対して好意的な女性がいる国もあります。

宗教的な理由などにより男児を出産後、包皮を切り取ってし まう割礼が習慣として、長い間行われてきたアメリカなどの 国々では、近年になって割礼に反対する両親が少なくなく、 逆に包茎であることに対して、好意的とも取れる意見が出て きています。

割礼に対しての賛否は日本では習慣として馴染みがありませ んので詳細は割愛させて頂きますが、なぜ包皮を切除するこ とに対して反対する意見があるかと言いますと、包皮を切除 することにより、「性感」が損なわれる可能性があるかもし れないという考え方があるからです。

一般的に包茎である人と、そうでない人には性感に差がある と言われ、常に亀頭が露出している状態の人は、刺激に対して 次第に強くなり、亀頭の表面の層が厚くなってきてしまい、 仮性包茎の人よりも得られる性感が"少ない"と言われています。

そういった理由から、仮性包茎の方が好きと言う意見が海外で は当然のように存在しているというわけです。

好意的であるというのとフェチとは若干ニュアンスに違いがあ りますが、包茎に対して好意的である女性が存在するというこ とは、包茎フェチのような深い愛着を持った女性がいても全然 不思議ではないですね。