女性と包茎



女性にとって、つきあっている男性が包茎であるかどうかということはどれほど大きな関心事なのでしょうか?もちろん、個人差がありますので、その全てを窺い知ることはできませんが、少なくとも男性はそれほど悲観する必要はないのかもしれません。

まず、前提として日本人男性の約6~7割の人間は仮性包茎で、その中には彼女がいる人もいれば、結婚している人も大勢います。そして、真性包茎や重度の仮性包茎を除けば、性交渉そのものに障害がある包茎というのはほとんどいないでしょう。(包茎は不潔だと言われることがありますが、包茎そのものは不潔ではなく、本人の心がけの問題です。)

ですから、もしあなたが真性包茎や重度の仮性包茎でなければ、仮性包茎であることをナーバスに考えすぎる必要はないでしょう。

ただし、女性の中にも包茎に対してネガティブなイメージを持っている人はいますので、もしあなたが包茎であることに悩んでいるのであれば、包茎矯正グッズや包茎手術などを考えてみてもいいかもしれません。

ただ、仮性包茎そのものは基本的に手術の必要はありませんし、多くの場合、女性は性交渉そのものに大きな障害とならない限り、それほど問題視していないことを忘れないでおきましょう。