仮性包茎研究所包茎と治療について⇒仮性包茎と健康保険

仮性包茎と健康保険



そもそも健康保険というのは、国民の医療費負担 を軽減する社会保障システムであり、必要な「医 療行為」に対して、所定の医療費負担で済むとい う制度です。

では、仮性包茎には健康保険が適用されるでしょ うか?

結論から申し上げますと、ほとんどの場合、健康 保険は適用されません。なぜなら、それは明らか に必要な「医療行為」ではないからです。

例えれば、健康保険の適用がない女性が行う美容整形 手術や美容目的のフィジカルケアと変わらないという ことです。

当サイトでも繰り返し説明していますが、仮性包茎 は特殊な場合を除いて、ほとんどのケースで手術や 矯正をする必要はありません。

つまり、仮性包茎は厚生省が健康保険の適用を認める 「治療が必要な病気や症状ではない」ということです。

では、どんな場合に仮性包茎の手術や矯正に おいて、健康保険を適用することができるのでしょうか?

例えば、包皮輪(皮の先端部分のこと)が「狭い」包皮輪 狭窄の強い仮性包茎やカントン包茎の場合は、明らかに 治療の必要がありますので、健康保険の適用が可能です。

あともう一つは、病院側が必要であると判断した場合です。 つまり、医師が何らかの理由で治療上、包皮を切る必要が あると判断した場合は健康保険が適用されます。