仮性包茎と治療費



仮性包茎の治療費についてですが、まず手術の 場合は健康保険適用外ですので、通常10万円以 上は必要となります。

また、矯正グッズ、シールや器具、パンツなど 様々なものがありますが、費用は数千円から数 万円程度です。

では、そうした費用は医療費控除や高額医療費 制度による還付を受けられるでしょうか?

仮性包茎の手術では、明らかに医師が治療の必 要があると判断した場合、つまり、健康保険が 適用された場合を除いては、そうした制度を利 用することはできません。

また、民間の保険会社が提供している医療保険 につきましても、ほとんどの場合、適用がない でしょう。

美容整形手術などと同様に、保険金給付の除外 対象になると思います。

ただし、損害保険会社が提供している保険商品 を購入していれば、給付を得られる可能性はあ るかもしれません。

民間の会社が提供している保険商品については、 必ずしも適用がないとは言い切れませんので、 詳細を確認したい方は、保険会社と契約した際 の契約書の約款を確認するか、保険会社に問い 合わせてみてください。

※仮性包茎の話が中心でしたが、民間の保険会 社が提供している保険商品では、真性包茎でも 保険金の給付が受けられるかどうかは微妙です・・。