仮性包茎研究所包茎に関する用語集⇒亀頭直下埋没法とは

亀頭直下埋没法とは



亀頭直下埋没法とは、多くの医療機関やクリニックが採用している包茎手術の方法の一つで、余分な包皮を切除し、亀頭の直下部に包皮を留めるようにする。

亀頭直下埋没法の特徴としては以下の点が挙げられる。

○亀頭の直下部に縫合部が存在するため、傷跡が比較的目立たない
○手術は当日のみで完了することが多く、入院が必要となることはほとんどない
○包皮の切除による感度低下を防ぐことができる
○勃起時の違和感が少ない
○ツートンカラーになることがない

●性交渉は約1ヶ月行えない
●2週間あまり入浴することができない
●2週間あまり、激しい運動・スポーツはできない

上記の特徴は一般的な情報で、必ずしも実現するわけではありません。詳細は包茎手術を行う医療機関・クリニックにお尋ねください。