f 急性前立腺炎とは

急性前立腺炎とは



【急性前立腺炎とは】

尿道から入ってきた細菌、あるいは身体の他の部位の感染症が原因で、尿道の奥にある前立腺に感染して起こる病気のこと。前立腺が炎症を起こすために、充血して腫れ上がります。思春期以降の男性であれば、年齢に関係なく発生し,前立腺肥大症を合併して起こることも少なくありません。※糖尿病の人は細菌への抵抗力が弱いため感染を起こしやすく,急性前立腺を起こすことがしばしばあります。

【症状】

尿道の痛みのほか,特に排尿後に熱感や痛み(排尿痛)や残尿感を感じるようになり,頻尿になります。尿は濁り,排尿の終りに血尿が出たり,尿道から膿が出たりします。高熱を伴い,食欲不振などの全身症状を起こすこともあります。

【検査・診断】

尿の中に細菌や膿の有無を検査します。尿中に膿が出ていて,高熱を伴っていれば,急性前立腺炎の可能性があります。肛門から指を入れて,前立腺を触診することで検査をすることができますが,急性期に前立腺を触ると悪化するケースがあるので,前立腺マッサージは初回には行わないこともあります。

【治療法】

高熱で緊急を要する場合,入院が必要となります.点滴を行い,細菌に有効な抗菌剤を使用します.熱が下がるのに,4ー5日程度要します。その後は飲み薬に変更し,退院となります。症状がそれほど重くない場合は,経口薬を服用し、外来でも治療することができます. なお、医師の指示の通り、治療に専念することが重要です。治療を中途半端な状態にしておくと、慢性前立腺炎になる可能性があります。