前立腺肥大症とは



前立腺肥大症とは、膀胱の下にある前立腺が肥大し、尿道が圧迫されて排尿障害をもたらす症状のこと。

前立腺肥大症は、男性の加齢とともに悩まされる人が増加して、80歳に至るまでに約8割の男性が発祥すると言われています。

【症状】

尿に勢いがない、尿がすぐ出ない、残尿感がある、排尿に時間がかかる、頻尿など。

【検査と治療】

検査には、問診・尿流量測定・直腸診・超音波診断・血液検査などがあります。 治療は薬物療法と手術があり、薬物療法にはα1-ブロッカー・抗アンドロゲン剤・生薬・漢方薬など、手術には経尿道的前立腺切除術(TURP)・レーザー治療・温熱療法・尿道バルーン拡張法尿道ステント挿入法がある。