膀胱炎とは



膀胱炎とは、膀胱に炎症を起こす病気のことで頻尿、排尿時痛、残尿感、下腹部不快感、膿尿、血尿、タンパク尿、発熱などの症状を起こします。

女性に多い病気ですが、男性でも発症する人は決して少なくありません。

【原因】

急性単純性膀胱炎・・・性交渉、妊娠、出産、排尿の我慢、冷え、感冒、便秘などを通じて、細菌が膀胱に侵入し発症。大腸菌が原因の場合が多い。

慢性膀胱炎・・・明らかな原因はないものの、膀胱に炎症が見られる症状。軽い症状が長期間続くケースが多い。

複雑性膀胱炎・・・膀胱がん、結石などが遠因となり、セラチア、緑膿菌、腸球菌、エンテロバクターなどの細菌が膀胱に侵入し発症。

その他の膀胱炎・・・カテーテルの留置による膀胱炎、放射線照射後の放射線性膀胱炎、抗免疫剤による出血性膀胱炎、抗喘息薬による好酸球性膀胱炎などがある。

【検査・治療】

検査には中間尿の検査、治療には抗生物質がよく用いられます。短期間で治療が済む場合がほとんどですが、再発性の高い病気の一つでもありますので、水分をよく摂取するなどの予防策も利用されています。