尿道炎とは



尿道炎とは、主に性行為により感染する性感染症の種類の一つで、淋菌性尿道炎と、非淋菌性尿道炎との2種類に分かれている。女性は尿道が短いために尿道炎を患うことは極めて珍しく、主に男性がかかる。

【淋菌性尿道炎の症状】

感染後約2~7日の潜伏期間を経て、尿道口が腫れたり、濃い緑黄色の膿が出るようになり、排尿時に激痛を伴います。約1カ月ほどで症状は軽減し治癒へと向かいますが、慢性前立腺炎を引き起こす可能性もあります。慢性化すると、のちのち尿道狭窄を起こし、膀胱炎の原因になることがあります。 女性の場合は、子宮頚管炎や膣炎をおこすことが多く、特に卵管炎を起こすと不妊症や子宮外妊娠の原因となる可能性があります。

【非淋菌性尿道炎の症状】

非淋菌性尿道炎の症状は、大腸菌、クラミジア、マイコプラズマ、トリコモナス、カンジタなどの病原体が原因で起こることが多く、症状は排尿時に痛みや白色の粘液性の分泌物が見られる程度である。

【尿道炎の治療・対策】

尿道炎の治療には抗生物質などの薬物を利用した治療が行われます。尿道炎の治療そのものは、それほど時間を要しませんが、その他の病気が誘発している場合は治療に長い時間を要することがあります。
対策としては、尿道炎の感染ルートのほとんどが性行為からのものですから、コンドームの利用などリスクを考えた性行動を徹底するべきであると考えられます。