切迫性尿失禁とは



切迫性尿失禁とは、尿意をもよおすとトイレにたどり着く前に、尿が漏れてしまう症状のこと。膀胱に少しでも尿がたまると失禁してしまうため、頻尿の症状も発症しやすいのも特徴です。

【原因】

○脳や脊髄に関わる神経障害・・・脳卒中、脳にできる腫瘍・外傷、痴呆症、脊髄の損傷、頚椎症、変形性腰椎症、脊髄炎、脊髄の腫瘍、先天的に脊椎がわれている二分脊椎症、多発性硬化症、パーキンソン病、シャイ・ドレーガー症候群などなど

○不安定膀胱・・・脳や脊髄に関わる神経障害がないが、切迫性尿失禁の症状がある状態。原因は不明。

○知覚神経過敏・・・膀胱炎、膀胱がん、膀胱結石、尿道結石など

【治療】

膀胱訓練のほか、薬物治療を行います。