B型肝炎とは



B型肝炎とは、性感染のほか、血液感染、母子感染など幅広いルートで感染する肝炎のこと。目立った症状が出る場合はそれほど多くありません。

【症状】

風邪によく似た症状が感染後、約1ヶ月~6ヶ月の間に見られます。倦怠感、熱っぽさ、吐き気など。ただし、感染したからといって必ずしも発生するわけではなく、自然治癒力により治る場合が7割程度と言われています。

【治療・予防】

症状が顕著な場合は、経口薬などを通じて治療にあたります。症状が重い場合などは、入院する場合もあります。予防には性交渉におけるコンドームの使用が挙げられます。